Skip to Content

2009年12月29日

12月27日から29日にかけて行われた鳩山首相のインド訪問は、リンドン・ラルーシュ氏が提示し続けている四大国協定(中国、インド、ロシア、米国)に日本が参加する意図があることを示す重要な動きだとインド報道局は伝えています。

この日本とインド両国による加速的協力は、広大なユーラシアの人口と領域を安定させる可能性を着実に促進するものです。

この度の会合で最も重要な項目の中に、原子力および国家安全についての協定があります。昨年8月、マモハン・シン首相の来日の際、原子力テクノロジーに関する合意が報道されました。外務省は、インド・アジア・ニュースに対し、日本は原子力を通し、意欲的にインドと協力する意図があることを伝えました。インド外務省ヴィシュヌ・プラカーシュ報道官は、エネルギーの確保とその安全は非常に重要な課題であり、両国は原子力の安全性、非汚染性、およびリサイクル可能なエネルギー源としての効率性について同意し、意見を交換しながら今後の発展を促していくことに合意しました。

同時に、インドの経済紙、エコノミック・タイムズは鳩山首相の訪問に関し、インドが日本企業にとって、中国に次ぐ最も重要な貿易相手国であることを指摘しています。

「近日報道されたロシアと中国からのニュースは、全世界を揺るがしている経済危機の最中に鳴り響く、心強い“鼓動”だといえます。病んだ西欧の政治経済体制は崩壊の最終段階に入り、有能な経済学者たちは、数週間の内にも起こり得ると予報していますが、この10月後半の一報は、ユーラシアのみならず、全世界をも救済し得る、頼もしい復興の兆しと見ることができるのです。・・・」

リンドン・ラルーシュ, Jr.
「A Heartbeat is Heard in Asia」より

Syndicate content