Skip to Content

2011年9月24日

著名な米経済学者であり政界を先導するリンドン・ラルーシュ氏はロシアのウラジミール・プーチン首相が再び2012年度の大統領に推薦されたことを受け祝意を表しました。更に現ロシア大統領のドミトリー・メドヴェージェフ氏がロシア議会(デゥーマ)の長に立候補したことに対しても祝辞を贈っています。

「このプーチン・メドヴェージェフの動きが今世界に必要とされている戦略的ショックなのです」ラルーシュ氏は語ります。「このリーダーシップの誇示は今に至るまで世に蔓延る大英帝国の手法である“分割し支配する”ゲームに対する明快な挑戦状であり、また太平洋岸を中心とした世界経済の復興への大きな一歩を意味しているのです。」

2011年4月3日

1万人以上の死者を出し1万6千人以上が未だ行方不明となっている3月11日のマグニチュード9.0の大地震は、銀河系内の未知の領域へ進行しつつある私たちの太陽系に鑑みると、アメリカ東海岸を含む所謂「環太平洋火山帯」等の地域における未来の行方に不穏な影を落としています。しかし現状を紐解くと、この悲劇的惨事を予報し、かつ住民の避難を敢行することができたかもしれない事実が浮上していることが分かります。

例えば、バリ大学の物理学教授であり地震予報研究の第一人者であるイタリアのピエール・フランシスコ・ビアッジ氏は、オーストリアのウィーンで行われる西欧地球科学会議(4月4日から8日まで)にて、日本で起こった地震は3月1日付けで、つまり実際の地震の10日前に予測されていた事実を発表することになっています。

Syndicate content