Skip to Content

2011年11月21日

リンドン・ラルーシュ、Jr.

今日、大英帝国の勢力による第三次大戦にも至り兼ねない紛争をユーラシアにて触発する思惑が一時的とはいえ保留されたことで、大西洋岸の政治経済体制に更なる重荷がかかっており、これによりオバマ大統領の更迭あるいは弾劾の過程がおそらく促進されたと見ていいでしょう。

現在、米大統領を解任に追い込む主要因が、五つ存在しています。

2011年10月24日

オバマ大統領により行使されたリビアの長モアマール・カダフィの凄惨な暗殺に関するメッセージを受け、米政治家であり、また2009年4月時点でオバマ大統領の精神構造を暴君ネロ皇帝のそれと酷似することを的確に解析したリンドン・ラルーシュ氏は、既に明快となったオバマ大統領のファシズムへの一途を阻むべく、「戦時的」抵抗を要求しました。

「私たちは今、文明の崩壊を目前に迎えているのです。」ラルーシュ氏は言います。「リビアでの惨劇は、これから米国内を含む多くの地方で起こる現象の予兆なのです。カダフィに起こった出来事は、米国内や西欧各地にいるだれにでも起こり得るのです。いうなれば私たちは皆、その射程距離内にいるということです。」

Syndicate content