Skip to Content

ラルーシュ政治活動委員会

今日、アメリカ合衆国は前代未聞の非常事態に直面しています。未曾有の経済システム崩壊危機とそれに伴う社会崩壊は、まさにこの共和国の存続自体を脅かすものとなっています。ウォール街やロンドンの投機家たちは、商業銀行を人質に取り我が国の統率権を剥奪し、金融界へのさらなる財政援助政策を強要しています。また、州自治体は破綻に追い込まれ、国民の貧困化は日に日に悪化する一方、金融界のトップと呼ばれるような機関による犯罪行為は、オバマ政権の保護下に置かれ容認され続けてきました。それは、麻薬取引や他の違法行為からの収益を洗浄し続けているHSBC銀行に対し刑事責任が一切問われていないという事実からも明らかでしょう。例外的かつ極少数の卓越した統率者たちを除けば、大半のアメリカ国民はすでに絶望の淵に立たされており、国家存続に対する政治的意思すら希薄になってきているのが現状です。

2013年4月10日

現代イスラム研究センター(Center for Contemporary Islamic Studies in Japan / CCISJ)は4月9日、シラー研究所(Schiller Institute)のフセイン・アスカリ氏の記事「西南アジアのための革命的平和計画」をフェイスブックに掲載しました。

"A Revolutionary Peace Plan for Southwest Asia" (日本語版は後日掲載)

Syndicate content